“情報時代”に差を付けるためのフィンテック・AI時事コラム

金融は法律や技術によって常に変化を続けており、新しい情報の収集が何よりも大切です。AI技術を中心としたフィンテックに関する情報を発信しておりますので、気になる記事がございましたら是非チェックしてみて下さい。

AI・金融に関する時事コラム

目まぐるしい進化を遂げるAI事業は今後どのような変化を遂げるのか…

情報社会と呼ばれる昨今、新しい技術の情報収集は時代に取り残されないための最重要項目と言っても過言ではありません。
中でもAIを用いた金融サービスは「フィンテック」と呼ばれ、スマートフォンやPCを所有している方が大半を占める現代において、必ず知っておきたい情報であると考えます。

身近な例で言えば“Suica”“PASMO”と言った電子マネー、個人間で簡単に支払いが可能となるモバイル決済サービス、企業であればAIを用いた面接や与信審査、ちょっとニッチではありますがショッピング枠を現金に換えるクレジットカード現金化等、金融革命は日々起こっているのです。

当ページでは「AI」「金融」「フィンテック」に関する時事的問題を始め、見解・動向予想等を様々な視点からお届けしています。随時更新を行っておりますので、是非チェックしてみて下さい。

モバイル決済サービス

LINEpayのロゴ

クレジットカード、電子マネー、おサイフケータイ…
キャッシュレス化が進む昨今、新たな金融サービスが始まりました。LINEpay、ONE PEY、楽天ペイ、ORIGAMIといった「モバイル決済サービス」は、個人間で簡単にクレジットカード決済が出来るサービスで、フリマ出店の際や小規模な事業主の間で広く活用される事が期待されています。サービスの概要や詳細について解説したいと思います。

クレジットカード現金化について

青色のクレジットカード

ひと昔前に流行った“カードでお金”が、今「クレジットカード現金化」と名前を変え再び注目を集めています。
スマートフォンが普及した事で店舗へ足を運ばなくてもインターネット上で簡単に決済が可能となり、クレヒスにキズを付けたくない方・ローン審査に通らない方・一時的な現金調達を行いたい方などからの支持を獲得しています。
リスクや利便性等についてまとめました。

“AI投資”は今度どうなるのか

AI技術が進んでいる分野として「投資」を挙げる事が出来ます。
今までの傾向やアルゴリズムを用いたシステムトレードのテクニカル分析で、株・FXを含めた多くの投資で広く活躍している機能です。人工知能による解析で、今後投資はどう変化していくのか?
個人向けAI投資から法人向けの高速取引のメカニズムやロジックについて考えました。

人口知能に奪われる職業

AIスコアレンディングのAI審査を始め、多くの職業は人工知能でも賄えるようになってしまいます。
現に地下鉄では無人での運転が始まっており、接客・教師・士業といった職業は今後AIによって淘汰されてしまうのでは?と懸念されています。

ユーザー側は益々便利な時代となる事が予想されますが、これから仕事を始める若者や学生にとっては由々しき事態であると言えるのでは無いでしょうか。今後無くなるかもしれない職業を予想し、一覧にしました。

シェアファイとは

シェアファイ(SHARESΦ)は、金融機関向けの融資に利用するAIを用いた与信サービスです。
損益はもちろん、流動資産比率やキャッシュフローの状況といった複雑な審査が絡み合う法人の審査では、人の目が判断するしかないという事情がありました。
当該AI与信審査ではネットワークの組み合わせパターンがなんと1兆個以上という超高精度分析によって様々なリスク判断を行えるため、より実態に沿った融資が出来ると注目されています。

常にアンテナを張る事が大事

技術の革新・変革は日常的に起こっています。
インターネットが当たり前となった現代に於いて、“知らない”“分からない”というだけで他人よりも一歩後退してしまい、大きな損をしてしまう可能性があります。

新しいコンテンツに常に着目し、情報収集を怠らない事が大切です。