借入方法やAIスコアレンディングに関する詳細&比較ページです。

他の現金調達法と徹底比較!

 

100万円の札束

 

「現金が必要!」となった際に使える調達方法はAIスコアレンディングだけではありません。
個人で使える方法にはどのような物があるのか?法人の資金調達としても使える?といった気になる情報をまとめました。

 

銀行系カードローン

2010年の貸金業法改正によって出来た「総量規制」の影響を受けないため、一気に人気となった銀行系カードローンですが、実際の金利や利便性はどうなのでしょうか。
審査の厳しさは否めませんが、手数料が安く低金利でスペックが高いという特徴がある無難な現金調達方法です。
ただし、カードが発行されるまで非常に時間がかかり、即日現金を得る事が出来ない点がデメリットとして挙げられます。

 

消費者金融(ノンバンク)

グレーゾーン金利時代が終わりを告げ、ひと昔比べてグッと使いやすくなった消費者金融ですが、満20歳・安定した収入が無いと利用出来ない点がネックとなっています。
一定の場合は主婦・学生がバイト・パートで収入を得ている場合でも利用が可能ですが悪徳業者も未だに多い業界であり、利用の際には十分な注意が必要です。
また、貸金業法上の総量規制に掛かる為収入証明や本人確認証明等といった書類も併せて用意しなければなりません。

 

キャッシング

キャッシングとは現金の貸付を行うサービスの総称で文字通りキャッシュを借りるという意味で広く使われています。
当ページではクレジットカードの“キャッシング枠”を使った借入のメリット・デメリット・特徴等について解説したいと思います。
キャッシングで返済が遅延してしまうと信用情報機関に履歴が残り(所謂ブラック)、他の金融機関での借入はもちろん、クレジットカードの新規申し込みが出来なくなりますので注意が必要です。

 

クレジットカード現金化

3枚のクレジットカード

クレジットカードのショッピング枠を利用した裏ワザ的な現金調達方法です。
最短数十分で現金を手にする事が可能で、キャッシング枠を使い切ってしまった方の最終手段として用いられます。しかし、換金率90%でも年利に直すと数百%超の超暴利であり、利用の際は十分に考える必要がある方法とも言えます。

 

また、闇金まがいの悪徳業者が未だに蔓延んでいる業界とも言えますので、細心の注意を払った上で利用するようにして下さい。
ひと昔前の「カードでお金」の看板でお馴染みの店舗型からネットへと移行しつつあり、お手軽に利用出来るようにシフトしています。

 

ビジネスローン

事業用資金調達として一般的な“ビジネスローン”は取扱業者が多くラインナップが豊富である点が強みです。
また、法人の場合総量規制の対象ともならず、審査は甘めと良い事尽くめの方法と言えるでしょう。ただし、使途が事業用に限定されているので、ちょっとしたお金が欲しい等の利用には適していません。
事業の状況評価が決まるスコアリングシステムを採用しているため、AIスコアレンディングと性質が似ています。

 

自身に合った方法で調達を

AIスコアレンディングだけでなく現金の調達方法・借入方法には様々な種類がありますが、いずれにもメリット・デメリットがあります。
自身の現在の経済状況や信用を勘案し、最もマッチする方法を選ぶのがベターです。

 

 

まずは方法や特徴を知り、無理の無い借入を行うよう心掛けてください。