クレジットカードの「キャッシング枠」の金利や条件についてまとめました。

キャッシングとは

お金と通帳

 

キャッシングとは現金の貸付を行うサービスの総称です。使途自由のキャッシングはフリーキャッシングと呼び、AIスコアレンディング、消費者金融、銀行系カードローンなども含む概念と言えます。
昨今では多様化する資金調達方法のある中で、“キャッシング”は主にクレジットカードのキャッシング機能を指す傾向がありますので、当ページに於いても其れを軸に解説していきたいと思います。

 

性質はカードローンと同じ

クレジットカードのキャッシングは、限度額の範囲内であれば提携ATMから自由に借入が行えます。
返済は月々のカード支払いと一緒に、借入残高や契約条件に応じて毎月一定額が口座引き落としで行われ、繰り上げ返済は銀行振込や提携ATMから随時行う事が可能です。

機能や使い方もカードローン等と同じで、極度額の範囲内なら申請や契約手続き不要で手軽に借入と返済を繰り返す事が出来ます。
また、VISA、マスターカード、JCBなど主要なカードブランドであれば、コンビニATMをはじめ多彩な提携ATMを用意しています。

さらに、消費者金融系カードローンと同じで利息制限法が適用されますので、金利の面に於いても当該法律の上限(主に18%)となっています。

 

カードローンとの違い

基本的な利用条件に大きな違いはないですが、カードローンとクレジットカードのキャッシングの具体的な違いとして以下の事項が挙げられます。

 

  • 高額な限度額設定の審査が通りにくい
  • キャッシング残高がショッピング枠に影響を与えるケースがある
  • 手数料無料で利用できるATMが少ない
  • 30万円以下のキャッシング機能をつけたクレジットカード申込審査はカードローンよりも審査に通りやすい
  • 申込年齢が低い(主にクレジットカードは18歳から申込可能)

 

ショッピング枠との違い

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠の2種類があり、前者がメインのサービスであると言えます。
クレジットカード会社はあくまで代理店からの利用手数料(3~5%)を主な収益としておりますので、キャッシング機能はあくまで利用者獲得のためのオマケという位置づけであり、高額な限度額設定には消極的です。審査自体は比較的緩いクレジットカードですが、キャッシング機能を付与すると途端に審査が厳しくなるのはそのためです。

 

枠の関係性

キャッシング機能には内枠と外枠の2種類があって主流になっているのは内枠です。
内枠はショッピング枠とキャッシング枠を合算される仕組みで、その中でキャッシング枠の上限が決められています。

 

たとえばショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円の内枠だった場合に30万円のキャッシングをすると、ショッピング枠も30万円の枠が使われてしまい、残りの20万円までしか使えなくなります。限度額オーバーでカード払いの問題が出るリスクがあるので、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠を含めた限度額の管理を自分自身でしっかりしなといけません。

 

ショッピング枠が少なく、各種支払いを原則クレジットカードで行っている等でフル活用している場合は特に注意してください。

 

キャッシング無しなら緩い

金融サービスは、一定割合で貸倒リスクのあることを踏まえた上で、全体の利益が出るように年収、年齢、属性等を審査しています。
クレジットカードは利益率が高いので、とにかくカード発行数を増やそうという柔軟な審査で対応しています。
特に若い人や初めてクレジットカードを作る人はメインで使うカードとして活用してもらえる可能性が高く、カード会社は新規ユーザーの獲得に向けた取り組みを強化しています。

 

キャッシングのリスクと注意点

キャッシングで懸念しないといけないのが返済遅延です。返済遅延を起こすと、信用情報機関に履歴が残り、他の金融機関や信販会社からの借入やカード発行の新規申込審査に通りにくくなる上に強制解約になる可能性があります。

 

もちろん、これらは他の貸付サービスと共通して言えることではありますが、クレジットカードの場合公共料金や携帯代金の支払い等までをまとめて支払っているケースが多いため、より深刻な事態となりかねません。(利用停止により全ての支払に影響を与えてしまう等)

 

 

また、「クレジットカードを持っていない=ブラックの人」と考えられてしまう可能性もあり、社会人であれば最低1枚は持っておいた方が良いでしょう。


 

どのようなシーンでお奨め?

クレジットカードのキャッシング機能は上手に活用すればとても便利で、カードローンや消費者金融の審査に落ちてしまった人や未成年者の現金調達手段としてオススメです。
ただし、返済遅延や限度額オーバーになったときのリスクが高いので利用するには一層の注意と自己管理が必要です。
高額な借り入れには向かないので、単発でちょっとした現金の必要な場合にマッチする調達方法と言えるでしょう。

 

また、基本的にATM(キャッシュディスペンサー)から下ろすので、都度の手続が不要であり、早急に現金が必要なシーン等にも高いパフォーマンスを発揮します。
なお、キャッシング機能の有無や限度額を確認したい場合は、Webマイページ、利用明細、カードのウラ面に記載されているコールセンターへの問い合わせで確認できますので、一度契約内容を見直してみても良いかもしれません。