AIスコアレンディングはカードローンに比べて金利が低くなっています。

スコアに応じて金利が変動!

 

ジェイスコア(J.Score)のスコア診断

 

AIスコアレンディングは、従来のカードローンや消費者金融とは違って与信審査の結果に応じてでは無く、自身が持つ“スコア”によって金利が変動するサービスです。
今回は『ジェイスコア』を例にし、金利・限度額はどのように変動するのか、仕組みや指標等について解説します。

 

どのくらい変わる?

スコアに応じて変動する金利ですが、まず、600点以下ですとそもそも利用する事が出来ません。公表されている金利(年利)は0.9~12%であるため、600点で年利12%、満点(1000点)ですと0.9%と、年利で11%以上差が開く事が分かります。
そのため、お得に借り入れを行いたいのであれば、やはり高スコアを狙っていくのが確実であると考えます。

 

⇒利用限度額も変動
金利だけでなく、利用限度額もスコアに応じて大きく変動します。
「最大限度額1,000万円」を売りにするジェイスコアでは、最低利用額が10万円~となっており、こちらも大きな幅がみられます。

 

誰でもスコアは取れる?

筆者が試しにやってみた所、スコアは700点でした。
歳は32才・年収は平均よりやや下・借金無しといった至極普通の生活を送っているので、この辺りがベースになるのかなという印象を受けました。
任意の質問事項が非常に多くなっておりますが、これらを全て回答する事で徐々にスコアが上がっていきますので必ず埋めるようにしましょう。

 

スコア別金利表

 

日本ではまだ馴染みが無い“AIスコアレンディング”ですが、ソフトバンクとみずほ銀行がタッグを組んで設立された「ジェイスコア(J.Score)」の登場により、利用者が徐々に拡大しています。
現在利用しているカードローン・消費者金融とどのくらい金利や限度額が変わるのか、まずはチェックしてみてください。

 

【スコア別金利と限度額】※下限はいずれも10万円

スコア 金利 利用限度額
~599 利用不可
600~699 9.3%~12% 150万円
700~799 6.8%~9.5% 260万円
800~849 5.2%~7.0% 400万円
900~949 1.9%~3.7% 730万円
950~1000 0.9%~2.1% 1,000万円

一般的なカードローンの金利が最低でも10%前後であるため、非常に金利が安い事が分かります。
また、限度額が1,000万円という点も従来のカードローンとは大きく異なり、急にまとまった金額が必要になった場合にも活用出来ます。

 

何点からが得?

 

600~699のスコアだと、

  • ・年利9.3%~12%
  • ・利用限度額は10万円~150万円

という事で、カードローンと大きな差異はありません。

 

実際にメリットが生まれるのはスコア700~と考えられますので、600点とは言わず700点を目標にする事を強くお奨め致します。

 

銀行系カードローンと比較

 

有名な銀行系カードローンと年利・遅延損害金・限度額を比較した所、以下の通りとなりました。

(AIスコアレンディング)
ジェイスコア
UFJ銀行
カードローン
みずほ銀行
カードローン融資額
住信SBIネット銀行
カードローン
金利 0.9%~12.0% 1.8%~14.6% 2.0%~14.0% 0.99%~14.79%
遅延損害金 12.0% 20.0% 19.9% 20.0%
利用限度額 1,000万円 500万円 800万円 1,200万円

 

利用限度額は「住信SBIネット銀行」を下回ったものの、金利や遅延損害金は銀行系カードローンを全体的に上回っている印象を受けます。

 

銀行系カードローンの大きな違い

 

AIスコアレンディングは“消費者金融”、銀行系カードローンは“銀行”という点がポイントです。どちらに借りたとしても共に金銭消費貸借契約に該当しますが、消費者金融は「貸金業法」を適用し、銀行は「銀行法」に基づいて金銭を貸し付けます。
貸金業法と銀行法で大きく異なる点は“総量規制”の有無です。

 

総量規制とは、貸付金額の上限を年収の3分の1以下に抑えなければならないという規制の事です。

 

つまり、AIスコアレンディング(消費者金融)でいくら良いスコアを取ろうとも利用額が年収の3分の1にまで制限されてしまうのに対し、銀行は限度額がそのまま適用されます。
「とにかく利用限度額が高い借入方法」を検討している場合には、総量規制を考慮した上で最終決定を行う事が望ましいでしょう。

 

⇒消費者金融との詳しい比較はこちら