AIスコアレンディングを用いた借入の条件や概要をまとめました。

AIスコアを用いた各社のサービス

 

AIのイメージ画像

 

AIスコアレンディングといえば現在“ジェイスコア”が最も有名ですが、AI審査によるスコアを用いたレンディングサービスは他にも数多く存在しています。
審査の方法や内容、金利の詳細等について一覧にしたページになりますので、気になるサービスがあれば是非チェックしてみて下さい。

 

ジェイスコア

ジェイスコアは、海外では一般的な“AIスコアレンディング”を日本仕様にし、独自のスコアリングシステムによるユニークな貸付を行っています。
年収や勤め先といった「属性」はさほど重要ではなく、趣味や価値観などの回答が審査結果に大きな影響を及ぼします。AIによる審査であるため、“見た目”“出身地”“国籍”といった好み・偏見が入る余地が無く、公正な審査が期待され、広く利用する事が可能な借入サービスと言えるでしょう。どのような事柄が審査されるのか?金利はどのくらい?といった気になる疑問を解説していますので、まずは同サービスの内容をチェックしてみて下さい。

 

クラウドキャッシュ

クラウドキャッシュは、大手クラウドソーシングサービスを手がけるクラウドワークスグループによるレンディングサービスです。
主にWEBサイトの製作・デザイン起案・ライティングといったお仕事を紹介しているクラウドワークスですが、同社へ有する債権(報酬)を担保にして融資を受ける方法であるため、審査が緩く迅速性に優れています。

 

なお、融資の条件は仕事の受注状況・利用年数・企業からの評価等をAIがスコアリングするシステムとなっており、仕事の頑張りがそのまま条件に反映すると言っても過言ではありません。
使途は事業用に限定されてしまいますが、クラウドワークスを利用する方であれば知っていて損は無い調達方法と言えるでしょう。

 

フリーランスレンディング

フリーランスレンディングは、ランサーズ(Lancers)、とクレジットエンジンがタッグを組み実現した個人事業主及び法人向けの融資サービスです。ランサーズアカウントの利用者実績や評価をAI審査する事で、利用者のスコア(タレントスコア)を導き出す事で最終的な条件が決定されます。
また、クレジットエンジンが運営する貸付サービス「LENDY」では、借入上限額が500万円だったのに対してフリーランスレンディングでは100万円となっており、に設定することでコンパクトかつスピードアップを図っています。
また、他のWebサービスのアカウント連携によりスコア審査を有利に働かせる事も出来るため、融資だけでなく様々なサービスをお得に利用する事も可能です。

 

自分の評価で変わる条件

AIスコアレンディングの魅力は何と言っても自分の評価が条件に直結する事です。
従来、審査の要であった「属性(年収や職業)」の時代は終わり、自身の個性によって借入方法や融資条件が変わる革新が起こっています。
また、仕事の評価や頑張りが有利に働くというユニークなスコアリングでの融資もあり、今後益々需要が拡大していく事が予想されています。

 

 

自身の状況だけでなく“より高スコアが狙えそうなAIスコアレンディングサービス”を見つけ出してみてはいかがでしょうか。